ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロッピーのとりこ
プロッピー討伐

プロッピー退治に夢中になっていたら、大分間が空いてしまいました。
イベント1週目はカルガレオンの圧勝でしたね。
参加したクールのほとんどがカルガ1位だったような。
オールドマンズ大湿地でも大勢の冒険者たちが競って狩っていたと思うのですが、あれでも勝てないなんて、テーベ高地はどんな状態だったのでしょうか。

まあ我が家は国家間の競争よりも、単純に黄金の実を剥くのを楽しみに狩っていたようなものですが。
期間限定のきれいなおべべをちらつかされたら、そりゃ頑張って手に入れようというものです。
玄孫に代替わりしてからおしゃれ装備に弱くなったなあと思います。

やたら出るシジル

しかしやはり欲しいものはなかなか手に入らないもので、お目当ての女物水着はなかなか出ず、大半は小銭かきゅうり、時々スキルアップ宝珠や精練シジル、ぬいぐるみといった具合。
ぬいぐるみのダブりや使う当てのない宝珠はNPCに売ったりゴミ箱に放ったりしましたが、シジルは試しに使ってみました。
曾孫が遺した魔リベの防御力が、3回の精練成功後に120から141になりました。
強化だけでもこんなに成果が出るものだったのか…聞きかじりで、精練はHPやステータス補強のオプションをつけるのが主目的で、精練値ってのはオプションをつけるためにとりあえず上げなきゃいけないものだと勘違いしていました。
なるほどこれは熱心に精練する方もいらっしゃるはずですね。

そうこうしている間に水着の下は出たのですが、上の方がなかなか出てくれません。
一緒に狩っていたギルメンの鞄の中が上下揃えて5人分くらいになっても、玄孫が引き当てるのは宝珠やシジル、そして男物水着という塩梅です。
あまりに出ないので、「これはアルドリアン(4代目)の呪いだ」とか「お父さんの作った服以外着るのは許さんとか言うつもりに違いない」とか、妙な憶測まで交わされる始末。
それでも狩り続けた末、ようやく水着・上が!

1着目がこれか

…と思ったら水着2010じゃなくて群青の水着の方でした。
くじ運がいいのか悪いのか、よく分からない玄孫です。

ベルアイル・ブログ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。