ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモニカ
行くとこ行くとこデモニカ

鱗や獣のロンググローブの材料を専らプラーナで集めている曾孫は、ちょくちょくデモニカの群れに遭遇します。
また丁度、ウォーホースやらホーンビースト族やらの生息地とデモニカの出現地点が被っているのですな。
ドレイク狩りかテンタクルデビルの根の採取が主な目的だった頃にはそうそう出くわすこともなかったのですが、近頃ではデモニカの姿を見ない日はないどころか、日に二度や三度見かけるのが当たり前になってしまいました。
おかげですっかり見慣れてしまい、今では「あー、またいるなー」と横目に見ながら素材狩りを続けています。

闇の芽

さてこの日もウォーホースから獣の毛を集めていたところ、ふと気付くとすぐそこに闇の芽が出ていました。
デモニカは見慣れたものの、闇の芽が現れる瞬間に居合わせることは滅多にありません。
珍しがって眺めているとネスデモニシャが湧き始めたので、さすがに危険だと思って離れたのですが、

ついてくる

時既に遅し、内の一匹が曾孫を見つけていたようで、後からゆらゆら巨体を揺らしながら追ってきます。
さて困った。
一寸そこまで素材狩りに、という体で出てきたので、デモニカみたいな強敵と戦うための準備ができていません。
アクセサリー欄なんか葡萄と触媒紙、星屑ペリドット首飾り、フラワーピアス(例のホワイトデーイベントのあれ。STR+1)という状態。
しかも松串も切らしています。
薬屋の子なのでステプルは持たせていますが、はてデモニカってステルス効くんだっけ?

対決

しかし追いかけてくるということは、すなわちビームを撃ってくる奴ではないということで、それなら何とか勝ち目はあるのではないか…と、思い切って戦ってみることにしました。
考えてみればこの前は同じ装備でヘルハウンドを倒してきた訳ですから、やってやれないことはないはずです。

着替えた

…と思ったのですが、獣リベットではダメージ400超食らったりするので、たまらず祝福スケイル一式に着替えました。
そういえばヘルハウンド退治の時は爆炎対策に風ジェム挿して行ったんだったか…

しかし改めて思いましたが、デモニカって巨大ですね。
曾孫がまだ少年期なのでなおさら体格差が大きく見えるということもありますが。
ネスデモニシャは脚が長いので、スィラーフスピアでは胴体まで届かないように見えます。

あと一息

装備変更後は被ダメージも小さくなり、着実に連続攻撃を成功させてネスデモニシャのHPを削ることに専念。
松串がない分もたもたと時間がかかりましたが、無事倒すことができました。

倒したー!

この前ネスデモニシャを倒したのはおでこのアルドリアン(トロニエ家2代目)だったので、実にリアルで半年ぶりのデモニカとの戦いでした。
当時はもう少し苦戦したような覚えがありましたが、代を重ねて強くなったのだなあ。
まあ孫の代にデモニカとの戦闘を避けていたのは、強敵だからというよりもドロップが味気ないからというのが大きかったのですが、裁縫に手を出した今となっては、ネスデモニシャがたまに落とすというスピリットスレッドは非常に魅力的です。
今回は人骨と人魂と魔石の結晶のみでしたが、今度見かけた時にはまた挑戦してみようと思いました。

ベルアイル・ブログ

スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/101-873a2905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。