ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯成長期
神殿にて(2/2ページに園芸家の魂6個)

話は遡りますが、先代(6代目グズルーン)の継承に合わせて、我が家はまたAFを作りました。
今回は生産用AFのゲイルグローブ。
生産用AFとしては生産服と同時に装備できる頭装備(スミスヘルム?)や各種生産道具の方が便利かとは思いますが、これはまず「妖精の技法書」が手許にあったからです。
グズルーンが小さい頃、リハビリを兼ねてミーレンを探検していた時に、たまたまそれを宝箱から入手していたのでした。
2代続けてAFを作ることになるとは思っていませんでしたが、材料は特別入手困難でもないし、オプションをあれもこれもと欲張らなければ魂片も少なくて済むため、それじゃいっちょ作ってみるか、と。

在りし日のグズルーン

こうして植物採取+45.0%、調理+45.0%の補正つきの白い魔法の手袋ができあがり、グズルーンはこれを契約してから継承の門を潜ったのでした。

afgg06.jpg

この手袋のおかげで爺は調理補正込み100%で色々作れるようになり、それに伴って調理スキル上げの速度も上がりました。
また調薬マスター後は植物採取のスキルをシーソー用にまわし(生産用称号でいたかったので。調薬マスター前にそれをやると称号がイージスになってしまうのが嫌だったのです)、採掘を上げながら能力値の振り直しを計ったりもしました。
おかげで現在爺はSTR100かつINT100と、すっかり職人の体です。

afgg07.jpg

そしてこのほど、ついに調理スキルをマスターしました。
(すぐに調理は下げたので、現在の称号はまたマスターメディシナリーに戻っています)。
おめでとう私。

…でもちょっと、爺ではやることやりつくしちゃったなあ、という感じもする今日この頃。
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/187-9f719938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。