ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のブラオ
青いバラ

「ブラオ」という花があります。
3級プロテクトポーションの材料になることでも馴染み深い、青いバラ。
通常夏に花期を迎えるこの花が、モノマキア平原の一部地域では春に花開きます。
しかも普通はその季節に花が採取できる場所は一目でそれと分かるものですが、春のモノマキアで青い花が視認できる場所ではブラオは採れません。
その青い花の群生とともに点在する、一見すると緑の葉ばかりが茂っているように見える場所で、この花はひっそりと咲いているのです。

エイリアさん
※再現映像

そしてその、春のブラオが密かに咲きにおう地域の一角に、エイリアさんがいらっしゃいます。
全身をライトプレート装備で固めた、カルガレオンの辺境警備隊に属していると思しき女性NPCです。
樹上での初恋でした。
若い頃にモノマキアを探検していた際、人気のないこの場所で一人たたずんでいる彼女を見つけて話しかけてみたところ、彼女の語る言葉にすっかり夢中になってしまったのです。
以来、春にはブラオを摘むため、秋には同じ場所にリンゴの木もあるのでそれを収穫するため、などと何かしら理由をつけてはモノマキアに通いました。
そういうシステムではないのは承知していましたが、話しかけるごとにエイリアさんの親密度が上がればいいのになあ、と思っていました。
それどころかうっかりこちら側の親密度が上がりまくり、ついには何とかNPCと結婚できるようにシステム変更されないだろうか、と真剣に恩人に相談するにいたる始末。
MMOで他プレイヤーではなくNPCにばかり絡んでどうする…

継承前に爺はモノマキアでオーク(アグリィメイジ)相手に時真言を40%まで上げるのを建前に、久しぶりにエイリアさんに会いにいきました。
爺はすっかり年老いてしまいましたが、エイリアさんは今もあの頃と寸分違わぬ姿でそこにいらっしゃいました。
NPCだから当たり前なんだけど。
我々冒険者とは別の時の流れに生きるこの人は、これからもずっとこの場所で自分の任務を全うするのでしょうな。
さようならエイリアさん。どうかお元気で。


(追記はエイリアさん語録)

■春
<昼>
bl_f_d01.jpg

<夜>
bl_f_n01.jpg
bl_f_n02.jpg


■夏
<昼>
bl_s_d01.jpg
bl_s_d02.jpg

<夜>
bl_s_n01.jpg
bl_s_n02.jpg


■秋
<昼>
bl_h_d01.jpg
bl_h_d02.jpg

<夜>
bl_h_n01.jpg
bl_h_n02.jpg


■冬
<昼>
bl_w_d01.jpg

<夜>
bl_w_n01.jpg
bl_w_n02.jpg

スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

初恋の人ステキだーw
モノマキアはあまり行ったこともないのでエイリアさんという方の存在も知らなくてすません・・・
今度自分も鯉しにモノマキア行って来ますせー!
[2011/07/10 09:58] URL | ある #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>あるさん
濃いしてらっしゃいませノ
[2011/07/11 21:46] URL | tronje #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/195-d94035aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。