ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復薬3種
■3級ヒーリングポーション(アンプル)
【材料】
・ライフエッセンス
・水
・フラーウム(春の花)※NPC販売なし。カルガレオンの花屋で販売あり

【利点】
・少ない材料で作製できる
・成功率が高い
・春(フラーウムの収穫期)にまとめて大量に作製可能
・保存性が高い
・軽い(重量1)

【難点】
・回復量がやや少ない(HP+200)
・季節に左右される
・熟成が遅い

---------------------------

■2級ヒーリングポーション(アンプル)
【材料】
・ライフエッセンス
・水
・リリー(夏の花)
・アクアエッセンス

【利点】
・3級より回復量が若干多い(HP+250)
・季節に左右されない

【難点】
・(ポーションの場合)重い(重量2)
・アクアエッセンスの準備が面倒(NPC販売がない場合、アクアエッセンスも自分で作製するため二度手間である)
・(アンプルの場合)2級アンプルAレシピそのものが流通していない

---------------------------

■1級ヒーリングポーション(アンプル)
【材料】
・ライフエッセンス
・水
・アマリージョ(秋の花)※プラーナで夏にも採取可能、アリアバートの花屋で販売有
・トレントの根

【利点】
・回復量が多い(HP+300)
・熟成が早い

【難点】
・(ポーションの場合)重い(重量2)
・トレントの根の確保
・腐りやすい
・所属国家の調薬部門がLV.8以上ないとレシピが販売されない

---------------------------

昨晩の6番会話でヒーリングポーション(アンプル)が話題に上っていたので、1~3級のそれぞれの特色をまとめてみました。
(フェザーリーフがなかったので会話には参加できませんでした。残念)

近頃2級アンプルAレシピを欲しがる声がよく聞こえます。
我が家も3種のヒーリングアンプルのうち、2級だけはレシピがないため作れません。
とりあえず3級と1級があれば用は足りるので困らないのですが、レシピを揃えたいという気持ちもよく分かります。

個人的には、ポーションは「2級<1級<3級」の順で作りやすいです。
何を面倒に感じるかは人によりましょうが、我が家にとってはトレントの根よりもアクアエッセンスを用意する方が手間なのです。
できあいのものが売っていればいいのですが、そうでなければ、パープルパールとエーデルワイスとゴールデンリーフからエッセンスを作製することになります。
できるだけNPC売りの素材は使わず、自分でフィールドから採取してきたもので作りたいものですが、材料が3種類必要なうえにパープルパールには季節の制限もついてくるとなると、さすがにええい面倒!となるわけですよ。

その点トレントの根は、ウッズエルダー相手に槍を振り回していれば、季節を問わずに集まりますからな。
買い取りで賄おうとするとその資金もばかになりませんが、我が家は自分で取ってくる上にウッズエルダーから採れるエアウッドやロックウッドを売却して小金を稼いでいるので、その点でも苦になりません。

とはいえ、露店に並べるほどの数を確保しようと思うと骨が折れるので、1級アンプルはあくまでも自分や身内用ですが。
春の野に出て草を刈り、季節限定の3級ヒルプルを売りだすくらいが、趣味の薬屋には丁度いいのです。


※拍手ありがとうございました。
続きも近いうちに更新します。
(そうこうしているうちに9代目が生まれてしまう…)
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/199-2f76507d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。