ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語り始め
本日よりブログを始めることにしました。
トロニエ家初代、ダンクヴァルトと申します。
ボーダー北斡旋所の斜向かい、NPCのボニーの隣で「父と子の店」なる露店を開いております。
若き日には騎士を目指し、スキル上げにミッションに献上にと駆け回ったものでしたが、息子が成長してからは戦闘はそちらに任せ、現在は趣味の植物採取と調薬をのんびりと楽しむ日々です。
露店中

石畳の上に座り、目の前の道を行き交う人々を眺めていると、あれこれ心に浮かんでくることがあります。
少年期にこの世界に降り立った私も老年期、街ゆく人々の顔ぶれも随分変わりました。
初めてこの世界でお世話になった方は、とうに継承の門の向こうです。
そして先日、私の息子も結婚し、3代目の継承を考える時期となりました。
この機に、我が家がこの世界で生きてきた日々を後の世代に伝えようと思い立ち、こうしてブログを書き始めた次第です。

ベビーグリフォンが肩身狭そう

色々書きましたが、要するにこういう画像を貼る場所が欲しかったということです。
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/2-217c9ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。