ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い肖像
夢幻回廊

5代目か6代目辺りで、真言(時)を上げるついでに旧アリアの罠部屋でトレハンするのに嵌っていた時期がありまして、その時に手に入れた神殿街の羽が1枚だけ、ずっと銀行に入れっぱなしになっていました。
少し前に母がそれを消費するために神殿街に行ったら、今度は何だかうっかり夢幻回廊への羽が増えていたという。
三層攻略も一段落したところで、ここらでちょっとエピックや新規ダンジョンの攻略以外のことをやってみたいねえ、というわけで、その羽を使って旧アリアバート遺跡の奥へ出かけてきました。

即死こわい

色々と話だけは聞いていましたが、実際に乗り込むのは初めてです。
入って最初の階層(上層)でカマキリがウィーゼルを狩っている、という程度の知識はあったのですが、MOBがMOBを狩るという図がうまくイメージできずにいました。
百聞は一見に如かずですね。まさにそうとしか言いようのない光景。
「特殊攻撃:デモニカの意識!」と常に全力で得物を追うこのカマキリと競って、10匹ウィーゼルを狩ると次の階層へ行けるそうです。
途中、即死攻撃にばたばたとやられて全滅寸前までいったりもしましたが、何とか全員条件をクリアして次の階層(中層)へ。

下の層が見えるのが面白い

中層では各種トラッシュを倒した時にランダムでPOPするミスクトラッシュ(カラフルなやつ)を倒し、「魔心の証」を手に入れることが次の階層(下層)への条件だとか。
回廊の内側の縁で狩っていると、下の方にその下層が見えます。
そういえば現在のアリアバートの街も、階層状というのか立体的な構造になっていますし、街中にはぐるりと輪を描くような坂道もあったりしますね。
輪と垂直方向の層が、アリアバート風の都市計画の特徴なのかな。

超訳:馬鹿はけえれ

人数分の魔心の証を手に入れ、いよいよ最下層。
ガーゴイルと神官がいる回廊から、橋を渡って中央部に行けば、ワイズ・ミルラと御対面です。
ところがこの橋に仕掛けられたトラップが厄介で、なかなか渡ることができません。
どうしたらいいのかと何度も神官に話しかけてヒントを得ようとしますが、「この説明で分からない馬鹿はけえんな」という意味のことを格調高く言われるばかり。
先に渡れた人のアドバイスを頼りに、何度も繰り返し試してようやく渡れましたが、もう一回やれと言われても一発でクリアできる気がしません。
このトラップの解除法を最初に見つけた人はすごいなあ。

暇を持て余した神

そんなこんなでようやく全員が橋を渡り、ミルラのいる中央部へとやってきました。
初めて見る神様の後ろ姿。
1時間POPだということなので、内心お留守だといいなあと思っていたのですが、最近ではちょっかい出しに来る冒険者も減ったのか、暇そうにぼんやり立っていらっしゃる。
背後でわらわらと6人も、装備を整えたり二次スキルの組み換えしたりしているのに、全く気付く様子もありません。
どうせ誰も来ないと思って気が緩んでるんじゃないでしょうか。
誰もかれもが最新の攻略に夢中だと思ったら大間違いですよ。

ワイズ・ミルラ

いざ戦闘開始。
おお、神様ってこんな顔なのか。
恩人がミルラのことを「喪部」と呼んでいた理由がよく分かりました。
即死攻撃に備えて回避型の人が壁をやる予定だったのですが、途中からミルラは母に狙いを定めてしまいました。
ナールアーマーのヘイト上昇効果を甘く見ていましたよ。
通常の攻撃や魔法は何とかしのげましたし、恐れていた即死もなかったので助かりましたが。
特に危険な場面もなく、無事に神様を倒すことができました。

絶望

そしてミルラがドロップした「絶望の羽」を早速使い、ワイズ・マスティクにも挑戦することに。
羽で移動した先の景色、大変まがまがしいのですが、我が家は絶望するどころか「ここ余所様のブログで見たことあるー!」と大はしゃぎしてしまいました。

ワイズ・マスティク

ミルラさんは暇そうでしたが、こちらは羽一枚ですぐに神様の手前まで飛べるせいか、まだまだ人気が衰えていないようです。
直前に他のPTが倒したばかりだったようで、ほぼ1時間待ってからの戦闘になりました。
(あとずっと片隅の柱でスキル上げに励んでいる方もいらした。お邪魔してすみませんでした)

御尊顔
(マスティクはイケメソと評判だったので、顔がはっきり見えるように角度変えてみたりしてました)

さすが旧アリアのラスボス、ミルラより格段に強い。
固くてダメージも通り難いし、HPも高いし、向こうの攻撃も痛い。
広間の四隅の柱を壊すとその間は与えられるダメージが増えるというので、壁役以外が走り回って柱を壊したりしながら戦いました。
終盤はマスティクのHPが減ると湧きでてくるガーゴイルもどきの麻痺に悩まされたりもしましたが、それでも無事に討伐成功です。

夢幻回廊のトラップといい、マスティクの広間の柱といい、旧アリアって独特の作りになっているんですね。
面白い仕掛けあり、手ごたえのあるボスとの戦いありと、久々にダンジョンらしいダンジョンで遊べて大満足でした。
ご一緒して下さった皆さんありがとうございます。
今度は洞に挑戦ですね!
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
こんばんは^^
ダンクさん、喪部って、ひょっとして九龍の喪部のことですか?
私、まだミルラに会ったことないので、いつか会えるのを楽しみにしています^^
[2011/09/25 20:24] URL | みずき #- [ 編集 ]

コメントありがとうございました
はい、その喪部です。
恩人ともども九龍にはまってやりこんでました。
夢幻回廊、ギルハンでわいわい行ったら楽しいと思いますよー
みずきさんも是非そのうち喪部に会いに行ってみてください^^
[2011/09/26 00:05] URL | tronje #- [ 編集 ]


ワイズさん怖かった><
ダンクさんがかっこよく立ち向かってくれなかったら逃げようかと思っちゃったわーーーー!
また行ってステキドロップゲットしたい・・・
その前に洞だ!
[2011/09/26 21:02] URL | ある #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
デマよくない><
安定した壁はアルさんのほうだったというのに!
夢幻回廊はあのトラップ解除が一番の山場なんですよきっと…神様のドロップなんておまけのようなものかと!
洞、どんなところか楽しみです。早く行きたいなあ。
[2011/09/27 21:51] URL | tronje #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/208-f05ada91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。