ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反抗期がやってきた
子育て三年目

孫がはいはいを始めました。
リアルの倍速で年をとっていく樹上世界において、乳児期だけは逆に成長が遅いのが不思議です。
3年間の託児所時代の内、乳児期1年・幼児期2年の割り振りでもいいような気がするのですが。

乳児期もかわいいものですが、子どもが自分で動けるようになったこの時期は、子守りがよりいっそう楽しくなります。
何せ親子がちゃんと向き合うことができるのはこの時期だけですから。

いないいない
ばあ

しかし恐れていた事態がやってきました。
抱っこしていた頃とはコマンドも変わり、地べたに座った子に向かって、機嫌をとろうとあれこれ試みる訳ですが、

「たかい高いは?」

やっぱり「たかい高い」じゃないとだめなのか、孫よ。
乳児期の素直さはどこへ行ったのか、ゲージがなかなか伸びません。
やっとゲージが緑になったかと思えば、大失敗で一気に振り出しに戻ったり。
孫も不機嫌なままですが、息子もだんだん気が滅入ってきます。

よしよし

気分を変えようと外に出て、病院前の芝生の上で引き続き御機嫌をとります。
こうして見る分には、親子で公園に遊びにいったかのようなほのぼのした光景ですが、実際の子育て用ウィンドウの孫は、まだまだほっぺた膨らませて息子を睨みつけております。
ぐずぐずと時間ばかりが過ぎて満腹度も減ってくるので、途中でミルクやらウィンターポットやらも食べさせました。
そうこうしているうちに、ようやく孫ももう「たかい高い」はできないことを理解してくれたのか、最後は割合とんとんと機嫌をよくしてくれました。

やっと笑った

リアル時間にして30分くらいでしたか。
息子の子守りの時にはまる1時間かかったこともありましたし、知人には最長3時間という記録を持つ人もいるので、これしき大した長さともいえませんが、少々先行きが不安になりました。

そして悪い予感ほど当たるもので、日付が変わって2回目の子守りでは、孫のお腹にはミルクとプリンスブレッドとウィンターポットがおさまりました。
明日はもっと色々要求されるんじゃなかろうか。

ベルアイル・ブログ
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/23-2f7dece9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。