ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーを一杯
ボーダー食材市場

献身度が貯まるまで、一休みしてコーヒーでも淹れましょう。
ボーダーの食材市場には、二種類のコーヒー豆が売られています。
一段目が普通の「コーヒー豆」、二段目の色が濃くて割高の方が「ウーニャ豆」です。

普通のコーヒー

コーヒー豆で淹れた「コーヒー」がこちら。

ウーニャコーヒー

そしてこちらがウーニャ豆で淹れた「ウーニャコーヒー」です。
以前から気になっていたのですが、豆の状態では両方とも「調味料」扱いなのに、淹れた後ではコーヒーの材質は「ハーブ」、ウーニャコーヒーの方は「魔法酒」になります。
ソフトドリンクなのに魔法「酒」?
普通の酒類(材質が酒のもの)は青年期未満では飲めませんが、これはどうなんでしょうか。
今なら孫が少年期なので確認してもらうことにします。

早朝のお茶会

能力強化つきのため街中では飲めないので、教会から観光案内でウーニャの水上神殿へ。
せっかくのウーニャコーヒーですしね。
飲んでみると普通に飲めました。
材質はともかく、あくまでもソフトドリンク扱いということか。

それにしてもこのウーニャ豆、「ウーニャ平原でしか採れない特殊なコーヒー豆」とありますが、一体ウーニャのどこで採れるのでしょうか。
かつて調薬を始めたばかりの頃、ウーニャコーヒーの材料のウーニャ豆の存在を知った爺は、ファイェン茶葉がファイェンで採れるように、ウーニャでその豆が収穫できるに違いないと思い込んで、せっせと農作業を上げたものでした。
しかしそれらしき木を見つけられずにwikiを頼って、採取できるものではないと知った時の落胆といったらなかったですよ。
まあ他にも米やら麦やら、市場で買うしかないものがたくさんあることを思えば、別にこれが特別だという訳でもないのですが。

この向こうに?

ひょっとして、あのウーニャ平原の南西にある扉の向こうに、広大なコーヒー農場でも広がっているのでしょうか。
あるいは、リアルではジャコウネコを介して採取する、コピ・ルアクなる貴重なコーヒーがあるそうです。
そういえばウーニャには、トリッキーキティやアサシンキティといったネコの仲間が非常に多い。

まさか

まさか。

ベルアイル・ブログ

スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

>まさか
それいじょういけない
[2010/01/08 03:22] URL | 小立こと故経 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>小立こと故経さん
下品で失礼。
[2010/01/09 02:49] URL | tronje #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/55-7ea6dec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。