ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と子
「父と子の店」の定番商品は
・1級ヒーリングポーション
・1級キュアポーション
・銅の剣
この3種ですが、このうち銅の剣は息子が作っています。

「父と子の店」の子の方

もともと露店を始めたのは、息子への継承前の荷物整理のために、こまごまとした品を売りに出したのがきっかけでした。
その際、処分したいアイテムだけでは品揃えが寂しく、これでは覗いてくれる人もいないのではないかと思い、趣味で作っていたポーションも一緒に並べてみたところ、これが予想以上に好評だったので、継承後も引き続き、薬を作って売るようになったのです。

一方息子の方は、いずれ地上を目指すことになるならば、ツルハシときこり斧で道を切り開くことになると聞き、採掘の技術を学び始めました。
するとこれが性に合ったようで、槍の腕を磨くために野に山に繰り出す際には、常にツルハシを持ち歩き、輝くハガネ岩を見つけると喜々として駆け寄るようになりました。
この場所ではなになにが採れると、楽しげに地図に書き込む姿に、蛙の子は蛙だと笑ったものです。

そしてまた、その頃ちょうど、ボーダーでは己が手で鍛えた武器を売る職人さんが減っていました。
我が家は片手槍と盾というスタイルで、普段使いの武器として青銅のパルチザンを愛用していたのですが、それを取り扱う店がなくなってしまったのです。
ならば自分で作るしかあるまい、ということになり、息子は雑貨作成と武具作成も学び始めました。
その練習の過程で作った銅の剣を露店に露店に並べるようになって、現在の「父と子の店」の基本形ができました。
銅の剣は公徳ミッション用にお買い上げになる方が大半ですが、時には駆け出しの冒険者らしい方が実戦用にお求め下さることもあります。
目の前でその方が装備を変更して、息子の鍛えた銅の剣が腰に下げられる時の嬉しさといったら。
職人冥利に尽きるとはこういうことを言うのでしょう。

その息子が、とうとう父になる日を迎えました。

子と子の子

安産極まりなし

孫は大変な安産だったようです。
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/7-2a6b9e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。