ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫と曾孫
眠り嫁

花嫁が宿屋二階から下りてこないまま、出産予定日がやってきました。

そわそわします

男親一人ではどうしようないのですが、孫は気もそぞろで修行やミッションも手に付かず、診察室で待機していました。
ひょっとしたら予定日の内に奥さんも来るかもしれない、と期待した部分もありましたが、結局奥さんは現れず赤ん坊も生れぬまま、日付が変わってしまいました。

過ぎました

予定日当日に母親がいない場合にそうなるのは予想していましたが、しかしこの度は魔術による出産もなかなか起こりません。
孫の時には予定日の翌日朝5時過ぎくらいには「無事出産!」のメールが届いたので、今回もそのくらいの時間には生まれるものと思って待っていましたが、その時間を過ぎても一向に妊娠アイコンは消えず。
ようやく誕生の報せが届いたのは正午を過ぎてからでした。
陣痛が始まるのは宿屋二階のログアウトからきっかり1年後らしいので、儀式魔術が行われるタイミングも時間単位で決まっているんでしょうか。
それとも孫がずっと診察室にいて、ときどきドクターに「まだですか」とせっついたりしていたので、なかなか施術できなかったんですかね。

天に任せてみました

さて既に3度目の実子で出産の経緯は承知済みながら、何故そんなにそわそわしていたかといいますと、実は今回、子どもの性別を選ぶ際に「どちらでもかまわない」としていたのです。
前の2回は「男の子が欲しいと願」っていたのですが、今回は何となく決めかねて、カビルハヤー様の御心に任せてみました。
生まれるのが男の子か女の子か、男の子なら今まで通りでやりやすいし、女の子なら心機一転で楽しめそうだし…という具合にあれこれ考えながら、誕生を待ち望んでいたのですよ。

男の子でした

生まれたのは男の子でした。

はじめまして

バグに負けない元気な子に育ちますように。

…実は上の、宿屋2階のSSは、2度目の性別選択画面に撮ったものです。
一度目は選択肢のウィンドウが出た直後、選ぶ前にそれが消えて、夫婦ともに「相手の選択を待っています」のメッセージが出たまま先に進まなくなりました。
ウィンドウが出ている間に、何かおかしな操作をしてしまったんだろうか…
孫の方はさらに、ベッドをターゲットしたままその場から一歩も動けなくなってしまった(チャットのみ可能でした)ので、どうやらこちらに何らかの不具合が生じていたようです。
リログしたらやり直しできましたが、それもあの場所では正規の手段のログアウトはできないので、マクロが飛ぶのを覚悟で「閉じる」ボタンを押すという荒業に訴えましたよ(幸いマクロは無事でした)。

生まれた時からバグっていた2代目を上回り、生まれる前からバグに見舞われた4代目の行末が案じられます。

ベルアイル・ブログ
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/80-b4789246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。