ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われたひなあられを求めて
すでに「既知の不具合更新のお知らせ」で、不具合の内容および対応について発表されていますが、昨夜のメンテナンス明け直後の、ひなまつりイベント関連騒動のお話です。

ひなあられ配達人

3月3日の桃の節句にボーダーにやってきたひなあられ配達人。
リアルでは雛人形は3月3日過ぎたらさっさと片付けないといけないとか言いますが、その当日にやっと来るとは暢気な配達人ですよ。

あえて言うならうちの爺様か

この配達人は、食べると子どもの姿になるアイテム「ひなあられ」をくれるのですが、最初は直接この人からはもらえず、街中にいる特定のNPCからもらってくるように指示されます。
その際、キャラクターの名前ではなく、その人の特徴を表すようなヒントを与えられるので、それをもとに探すことになるのですが。
孫が出題された『愚痴っぽくて、文句ばっかり言ってる頑固なおじさん』がどこにもいません。
そもそも愚痴っぽいNPCなんてボーダーにいたかなあ、調子こきの餓鬼(下品で失礼)なら何人かいるけど、後ろ向きな人はあまりいないような…
あえて言うなら、亡くなった息子さんのことを悔やんでいるボブ翁か。
当たり障りない世間話の中にちょいちょい自虐めいたことを挟んでくるステファンか。
頑固というならグレン殿? アーヴィン殿? ボリス大司祭?
しかしそれらの人々に当たってみるも反応はなく、仕方なしにボーダー中の男性NPCに手当たり次第話しかけてみましたが、誰一人ひなあられについて話してはくれません。
同じように配達人から出題されたNPCが誰だかわからないとか、当てはまりそうな人に話しかけたが反応がない、といったシャウトも飛び交っています。
孫もシャウトの情報交換に参加しつつ、さらにNPCを探して駆け回ります。
とはいえ既に男性NPCはご老人から少年までだめだったので、後は「実は女性だと思われていたあの人は男だった!」という可能性にかけて当たってみるしかないのですが、さすがにそんな驚きの真実は待っていませんでした。
他に探していた人たちからも同様の結果が報告されるようになった時点で、孫は不具合と判断してミッションのために砂漠に向かいました。

ミッション中

そうしている間にも、フレから各地の様子が伝わってきます。
ボーダー以外の国でも同じような不具合が起こっているとのことです。
ただそんな中、アリアバートで出題される「占い好きの小さな魔法研究員」からは、ちゃんとひなあられがもらえたという情報が。
他の国の配達人に話しかければ、新たにその国の中のNPCを出題されるということなので、荷物整理と補給に戻る際にアリアバートへ行ってみました。

小さな魔法研究員

とはいえアリアでも「占い好き~」が出題される確率は3分の1。
他のNPCを指定されたらボーダーに戻って新たに出題だけしてもらい、またアリアに行って受け直す、というのを何セットか繰り返した末、何とかひなあられを手に入れることができました。

ひなあられ

正直なところジャバ特製なんて言われると食べるのが怖い気もしますが。

ようやく小さくなりました

一度こうしてNPCからもらえば、後は配達人から直接もらえるようになりますが、いやはや長い道のりでした。

ハガノはいらっとした!

…そういう台詞は不具合が修正されてからにして頂きたい。

ベルアイル・ブログ
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/84-7439cd0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。