ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調和の守護者
ナダのおびただしい=230

ドリオンの平和を守り、ウィンドビルの静寂を守った孫は、今度はナダに向かい調和を守ることにしました。
ナダのBランクミッションの「調和の守護者」の内容は、おびただしいヘルキャットを退治せよというもの。
ウィンドビルで指定された245匹よりは若干少ない230匹ですが、気の遠くなる数であることには変わりありません。

とびかかってくる猫

実はこのミッションを受けるまでヘルキャットと戦ったことはありませんでした。
魔法(爆炎)を使ってくるしすばしこいし、厄介な相手だから手を出すな、特に夏はいけない、と初期に恩人から言い含められておりましてね。
「血に飢えた砂原」の討伐対象に含まれていないため、戦う機会のないまま今に至った次第です。

爆炎

夏場は避けて…というか、ちょうどその頃はストームロードを退治していたので、秋になってからミッションを開始しました。
季節の影響で炎の魔法の威力は弱まる季節に、さらに風ジェム入りの装備で臨んだので、1回ごとのダメージはさほどではありませんでした。
が、HPが結構多く、回避も高いので、1匹倒すまでに時間がかかります。
するとダメージも蓄積するので、3匹くらい倒しては耐久上昇をかけて治癒かけてついでに魔術無効化もかけて、という具合なので、なかなかはかどりません。

秋に始めました

昼も夜も狩り続け、

冬になりました

季節が冬になってもまだ狩り続けていました。
(砂漠なので季節の変化が分かりづらいかと思いますが、バナナが実っていないのが冬の証拠です)

時間がかかったのは、作業感が大きくてだれたというのもあるのですが。
ちまちまダメージ食らうとは言え、気を抜いたら死ぬというほどの緊張感もなく、ストームロードのようにおいしいドロップがあるわけでもなく。
そして砂漠なので盾の耐久の減りが激しく、ヘルキャットに体当たりされる度に5~6減るので、修理のために町へ戻ることもしばしばでした。

そんなこんなでようやく230匹倒してミッションクリアしましたが、これで一体何の調和が保たれたのかさっぱり分かりません。
とりあえずしばらく猫は見たくないです。

ベルアイル・ブログ
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/85-0864fb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。