ある老騎士の話
MMORPG「ベルアイル」での日々の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年C組アルドリアン
校庭の桜

晩冬の終りに継承した曾孫、学校に通い始めるころにはちょうど桜の季節を迎えました。
校庭にも桜が咲いています。

DEX

学校で一番に上げるのはDEXです。
二次スキルの隠遁と隠遁移動を覚えるために、ますはDEX100を目指します。
工房で生産する要領で、道具が壊れるまでひたすら紙の束を作るだけなので、作業自体は簡単です。
それでも一度の授業で上がる数値に波があるので、今回はどれくらい上がるのかと結構どきどきします。
1ポイントも上がらないと授業料返してほしくなりますしね。
孫は今のところまだそれは1回だけですが。
あとうっかり受け取る道具を間違って、泣く泣くそのまま教室を出たのも1回ありましたな。

VIT

そしてDEX上げが終わったら、今度はVITです。
専用のモールで校庭の木人を攻撃するのですが、これも一度ターゲットを決めてしまえばモールが壊れるまで自動で殴り続けるので簡単。
ただしAGIが低いこともあって攻撃間隔が長く、1回の授業時間は長くなります。
毎日お弁当に松串2本食べて頑張っていますよ。
しかし動かない木人相手に、DEX100で命中率も高いはずなのに、時々スカっとミスしてしまうのは解せない。

LUC

同じことばかりやってると飽きてくるので、たまにはLUCを上げる授業も受けてみます。
本棚から一冊取り出し、ルーペを使って読むという作業の繰り返しです。
初等科の授業ではこれと、同様の作業を行うINT上げが一番面倒だという評判ですが、本を読んで賢さが上がるのはともかく、運のよさが上がるのは一体どういう仕組みなのでしょうか。

あっ

と思ったら、よく見ると手に何も持っていませんでした。
読むふりの練習?

たくぼく

「らくにならざり ぢっとてをみる」
幸運とは程遠い歌を連想する始末。
それでもこの1回でLUC+5になりました。分からんものです。
分からんといえば本を読むのにも松串が有効だというのもどういう仕組みなのだか分りません。

ベルアイル・ブログ
スポンサーサイト

テーマ:新ベルアイル - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tronje.blog74.fc2.com/tb.php/93-90316a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。